FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花の寝言集。

思えば、僕こと白灰猫と千月花のブログだというのに。
僕しか記事を書いてないように思えるのは どうしてだろう(

というか、花に関することがあまり書かれていない気がするので
今日は花の寝言を改めて記事にしておこうと思う。
(ギルドではもう話した気がするのは秘密。)

それは、千月花が僕の家に遊びに来たときのこと。
遊び疲れて、もうそろそろ寝よかーとマビなどを落としてベッドに入ったのですが
僕は窓を閉め忘れたことに気がついて、一旦部屋を抜け出して
一階の戸締り確認をしてまた部屋に戻ったんですネ。

で、花さんは 彼女は瞬間的に眠りに落ちる人なので
僕が戻る頃にはもう既に夢の世界へ旅立っていまして
寝惚けながらも腕枕を用意してくれる所がうれしいのです、が(のろけ。

僕がベッドに入ると一言

「今、魚に追いかけられててさー…
  魚に追いつかれるかと思ったよ。」



―――――ッ!?!?
一体貴女は どんな夢を見ていたのですかッ!!!


僕は一瞬固まりつつ
「そう…大変だったねぇ?」 と流してみたんですが
其処から先はもう規則正しい寝息が続いていました。

そんな寝言を耳に挟めば誰でも眼が冴えますって。
寝付けないなーと人に腕の上でごろごろしていると

ヤケにはっきりと
「サレレきたーーーー!!」

ええええええええ!?!?!?Σ(・ω・ノ)ノ

「サレフ登場!!!」

寝言とは思えないはっきりとした口調でそう言い切りやがりました。

サレレって…… サレ嬢のこと!?
いえ…サレレとサレフとくればもう…サレ嬢のこととしか言いようがないでしょう。
え、夢の中でマビノギしてるの!?
寧ろ、夢の中でサレ嬢と何をしているの!!
なんでサレ嬢が出てくるのーーー!!!

と…内心ドキドキしていましたが・・・ 
平静をよそお…えずに 思わず皆に報告しちゃいました。


何だかこの話意外にも花の夢にサレ嬢がよく出てくるらしくて。
夢うつつで携帯打ってたら 「ブラックサレフ」と打ち込んでいた とか

朝起きたら 母親に
「なんか、昨日の夜 寝惚けてたのか指さされて
 『サレフ!!!』って言われたんだけど、サレフって何?」
と聞かれたり 等等。

一体彼女の中でサレ嬢に何が起きているのか、僕は興味津津です。

Trackback

Trackback URL
http://nekotenn.blog61.fc2.com/tb.php/20-9b39908f

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

白灰猫

Author:白灰猫

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
カウンター
twitter
pico pico
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。